ホーム > 最新情報 > 運営日記 > 雑談 > 普段からの募金や寄付が大事だと思うのは自分だけ?

最新情報

普段からの募金や寄付が大事だと思うのは自分だけ?

寄付や募金は、少額だとしても普段からしているのが大事だと思っています。どうでしょうか…。

東日本大震災から間もなく6年ですが、今の時期だけ寄付や募金をする、興味を持つ人も多いのではと思います。ヤフーでも「3.11」を検索すると募金になるなど、震災の当日は様々なことが行われるようです。しかし、自分としては「その時だけ」というのはいかがなものかと思うのです。

自分でも、災害などが起きたときに義援金を寄付したりすることがありますが、受付期間が短期間だったりするので、その寄付はその時だけですが、普段も時々小銭を寄付しています。

財布の中の小銭は時間が経つと増えていくので何とかして使わなければいけませんが、自分では、そうした小銭を貯めておいて、まとめてATMで口座に入金したり、郵便振替用紙でATMからそのまま寄付金を送金したりしています。

自分名義の郵便振替口座をかなり前に取得して、何かに使えるだろうと無料で請求できる郵便振替用紙をたくさん入手しておいたのですが、結局ほとんど使いみちがなく、そのままとっておいてました。もったいないので何とか使おうと、出かけたときなどに寄付金の送金に使うことにして減らしているのですが、最近、その残りがほぼゼロになりました。(3月9日現在あと数枚ほどまでになった)

郵便振替用紙を使い切ったら、口座間送金でネットから送金することになるかと思いますが、小銭が余ったりして困った時は、それを貯めておいてATMから口座に入金して寄付金を送金したいと思っています。送金は義援金に限らず、共同募金だったり日本赤十字社だったり、東日本盲導犬協会だったりと様々ですが、他にも使用済みの切手を寄付したり、ベルマークを寄付したりもしています。

自分の場合は郵便振替用紙の消費というきっかけで募金や寄付をしたりしていますが、震災の日などの特別な日だったり、チャリティー番組やイベントの時だけではなく、少額でも普段から寄付や募金をする、チャリティーに参加するなども重要だと思うのですが、いかがでしょうか。

雑談   2017/03/09   potaringcomshopprinter
タグ:雑談